フォード車用のアプローチランプを加工してLEDにします!!
エクスプローラーをはじめリンカーンナビゲーター、MXVやF150等のミラーに埋め込まれているランプは電球で、しかもLEDに交換できない一体成型です!!
これを加工してLEDにしてみましたよ!!


アプローチランプをLED化します。

なるほど、一体物で出来ていて電球交換できないですね。


実は指先不器用だからこうゆう加工って苦手なんだよなぁ〜。
とりあえずホットナイフで切っていきます。

が・・・レンズに近いところはこの透明なアクリルが30Wのホットナイフだと切れません(~_~;)
途中ニッパーを使ったりしてようやっとバラしました。
ここまでやったら戻れねぇぞ…



手持ちのLEDがこのCOBしかなかったので強引にこの大きさのCOBを詰め込みました…めちゃめちゃ明るそう(~_~;)

3Mのプレミアゴールドを使い蓋を接着。
さらに切った周りから黒のコーキングでうっすら巻防水をしました。
汚すぎて写真には載せられません(>_<)




こんな具合。
考えられる中の最大級の大きさでしょう。



きれいな白色です。
明るさは純正の比較になりません…が・・・



地面を照らさないでドアを照らしちゃってますね。
これでも若干外側に向けて入るんですがレンズ面自体が内側に向いているんでしょうね。
普通の電球の場合はリフレクターで全体が綺麗に照らされるんでしょうがLEDの場合は指向性が強いので光が全く広がらないのでこのようになってしまうのでしょう。
まぁ明るいからいいかな?

今度はカリフォルニアカスタムのもの付けてみようかな?

コンプリートはカリフォルニアカスタム製品の販売店です!!